LOGO-TTADDA-RGB_Basis-dropshadow

プロジェクトについて

本プロジェクトの目標は先端技術を用いた循環型農業への移行です。 最新のセンサー、およびAI(人口知能)技術の応用を通して、循環型農業馬鈴薯(ジャガイモ)生産システムの構築と、生産性増加のためのプロジェクトです。

チームについて

プロジェクト活動(“ワーク・パッケージ”)、チームメンバーおよびプロジェクト関連者についてはこちらでお読みください。 各ワーク・パッケージには説明ビデオが閲覧できます。

最新ニュース

馬鈴薯塊茎の成長をセンサーで可視化

2021年12月24日

新しい時代の農業では、ハイテク技術の活用が若い農家を魅了し、解決策を提供しています。馬鈴薯栽培もその一つです。シンプルなセンサーを用いて収集した作物データは、収穫予測や生育のモニタリングに役立てることができます。

続きを読む

二倍体ハイブリッド品種におけるドローンを用いたスコアリングの有望な結果

2021年12月22日

2021年、ワーへニンゲン大学(WUR)とSolynta社の研究者が共同でフィールドトライアルを行い、シーズン中にデータ収集を改善し、デジタル化することを目指しました。

続きを読む

イベント情報

現在、今後のイベントはありません。