ニュース

馬鈴薯塊茎の成長をセンサーで可視化

2021年12月24日

新しい時代の農業では、ハイテク技術の活用が若い農家を魅了し、解決策を提供しています。馬鈴薯栽培もその一つです。シンプルなセンサーを用いて収集した作物データは、収穫予測や生育のモニタリングに役立てることができます。

続きを読む

二倍体ハイブリッド品種におけるドローンを用いたスコアリングの有望な結果

2021年12月22日

2021年、ワーへニンゲン大学(WUR)とSolynta社の研究者が共同でフィールドトライアルを行い、シーズン中にデータ収集を改善し、デジタル化することを目指しました。

続きを読む

オランダにおけるデータ駆動型畑作生産

2021年11月30日

オランダは精密農業への取り組みが進んでいる国として知られています。データ駆動型VRAアプリケーション「Akkerweb/FarmMaps」は、精密農業がより高い効率と収量を実現するための優れた事例といえるでしょう。

続きを読む

データ駆動型農業への移行(TTADDA)

2021年10月22日

農業をデジタル化し、馬鈴薯の収量を向上させ、排出ガスや水の使用量を削減することが、この研究プロジェクトの主な目標です。研究チームは、地上と土中のセンシングのための新しい手法と、レーダー、X線、ハイパースペクトル画像、インピーダンス・トモグラフィーといった複数の技術を開発しています。

続きを読む

オランダと日本間の馬鈴薯栽培のデジタル化にむけての協力

2021年9月22日

スマート農業、ロボット化、自動化における関心が高まるなか、オランダと日本の協力の重要性にスポットライトがあてられています。

続きを読む

互いの優位性を活用する

2021年9月14日

日本の高い技術力とオランダの農学を組み合わせれば、より持続可能で生産性の高い新しく強力な農業コンセプトにたどり着けるのではないか、これが新しい官民協力プロジェクトの背後にある考えです。 このプロジェクトは両国が知識開発においてどのように最大限に助け合いができるかを探るシード・マネー・プロジェクトに基づいています。

続きを読む

シード・マネー・プロジェクト AIJA-POTU

2021年9月13日

AIJA-POTU プロジェクトの狙いは、日本の馬鈴薯セクターの改良のためにオランダと日本の官民協力パートナーシップのための基礎を築くことでした。オランダが持つどのような知識と製品またはテクノロジーが日本の馬鈴薯セクターに応用でき、その実用に何をしなければならないかを探ることから始めました。(調査、プロモーション、デモンストレーションなど)

続きを読む